2018.09.01

DXEL.2でFigmaのお話をしました

【増枠】DXEL.2 エンジニアとデザイナーが「いい関係」を築くために
2018年10月22日、オイシックス・ラ・大地株式会社さんに会場をお借りして、第二回エンジニアとデザイナー双方が参加できるイベントを開催しました。運営メンバーとして動き、更に今回もLT登壇枠として発表もさせていただきました。

ちなみ今回のイベントOGP作成も担当しました!運営メンバーのみなさんから褒めメッセージ頂いてテンションがあがりました。いい関係築けていますね🎉

わたしが発表したもの

スライドデザインは当ポートフォリオのデザインに合わせて作成。

Figmaの布教も兼ねた発表内容。エンジニア問わず、全職種の皆とFigmaを使っていい関係を築いていこうよ!という内容にしました。

今回作成したスライドはFigmaで作成し、さらにPresent機能を使って発表しました。PDFを書き出すことなく、発表できるのはすごく大きいですね(ただ、FigmaはPDF書き出しができないので、Speakerdeck等にアップロードする時は小細工が必要です)

実際に作った/使った資料です

URL: https://www.figma.com/file/IVdb0VGo7DM5A2bgANgHxUck/DXEL.2?node-id=0%3A1

FigmaはWebブラウザで閲覧が可能なので、こうしてURLを共有するだけで見れるのも大きなポイントです。Anonymousさんがたくさんいらっしゃいますね!さらにQRコードを配置したので、スマホで見てくださってる方もいました。

@kumamo_toneさんのツイートより。たくさんの方がリアルタイムで見てくれました!

Figmaでいい関係が築けるポイント

  • 作成したFigmaファイルのURLを共有すればその場で確認できる
  • Webブラウザで操作/閲覧が可能
  • Windows/Mac両対応
  • フィードバックに対するコメントを書くことができる

今回の発表ではメリットのみをご紹介しましたが、デメリットといいますかここが惜しいポイントも記載しておきます。

Figmaのここが惜しいよポイント

  • 日本語フォントに弱い
  • 起動時の読み込みが少し遅い
  • コメントを見ながら作業を行うことができない

SketchやAdobe XDに比べると改良が楽しみなツールになっていますが、共有のしやすさを考えると、一つのデザインツールとしての選択肢はアリだと思っています。現に私はSketchとFigmaをメインで作業しています。

スライド資料も共有しておきます

もっともっとFigmaユーザーが増えるといいな💜
この度はイベントに参加してくださった方、配信をみてくだった方ありがとうございました!第三回もぜひ楽しみにしていてください!

PAGETOP © asougi.me